メタボリックシンドロームはなぜ起こるのか?



メタボリックシンドローム画像

メタボリックシンドロームの原因として、はっきり分かっているのが「肥満」です。
 
 
 
肥満になると、脂肪組織や筋組織において糖の取り込み能力が低下する。
          
糖を代謝するときに必要なインスリンがうまく働かなくなる。
          
さらに、肥満は筋肉や肝臓でのグリコーゲン合成酵素の活性も低下させる。
          
結果として、血糖値が高くなり、インスリン分泌が低下する。
          
インスリンが正常に機能せず糖尿病や高血圧、高脂血症の危険が高まる。
          
動脈硬化が促進され、冠動脈疾患にかかる可能性も出てくる。
 

メタボリックシンドローム画像

一方、メタボリックシンドロームの原因として、
体質に起因する説があります。
現在の研究段階では、まだ不明な点も多いようですが、
すい臓から分泌されるインスリンというホルモンへの抵抗性の増加や、脂肪細胞の機能異常が有力な説となっています。
 

→メタボリックシンドロームを予防する厳選グッズはこちら