メタボリックシンドロームの原因・肥満について



肥満には、体のどの部分に脂肪がつくかによって、2つのタイプがあります。


メタボリックシンドローム画像


「皮下脂肪型肥満」
洋ナシ型肥満とも言われ、下腹部、腰のまわり、太もも、おしりのまわりなど、下半身の皮下に脂肪が蓄積するタイプです。この脂肪は皮下脂肪とよばれます。
外見から、肥満であるかどうかは、明らかに判断できます。

「内臓脂肪型肥満」
リンゴ型(タル型)肥満とも言われ、上半身を中心に内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプです。この脂肪は内臓脂肪とよばれます。
外見からは、このタイプの肥満は判断できないことがあります。

メタボリックシンドロームになりやすいのは「内臓脂肪型肥満」のほうです。
 
 

メタボリックシンドローム画像

ウエスト径(へそまわり径)が男性では85cm以上、
女性では90cm以上であれば、内臓脂肪型肥満が疑われます。


生活習慣病とよばれている主な疾患に「肥満症」、「高血圧」、「糖尿病」、「高脂血症」などがありますが、これらは肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満が共通した原因であると考えられています。

内臓脂肪蓄積により、さまざまな病気が引き起こされた状態を『メタボリックシンドローム』とよび、注目されています。

→メタボリックシンドロームを予防する厳選グッズはこちら