メタボリックシンドロームの診断基準



メタボリックシンドロームは、肥満(内臓肥満の蓄積)に、高血圧、血中脂肪(高中性脂肪、低HDLコレステロール)、高血糖(空腹時血糖値)のうちのいくつかが重なった状態のことを指します。


メタボリックシンドローム画像


メタボリック・シンドロームの診断基準

 
 
@の内臓脂肪の蓄積に該当、かつ、A条件に2つ以上該当している場合、メタボリックシンドロームと診断されます。
 
@内臓脂肪の蓄積
         ※必須項目
    男性:85cm以上
    女性:90cm以上

内臓脂肪の蓄積はウエスト径(へそまわり)で判定し、男性85cm以上、女性90cm以上を、脂肪が蓄積されていることを基準としています。
腹部CT画像で精密に内臓脂肪を測定した場合は、男女とも断面積100cm2に相当します。
 

A条件について
        ※条件1〜3のうち、2つ以上あてはまる場合

条件1【脂質】
    中性脂肪(高トリグリセライド血症):150mg/dl以上、
      かつ/または、
    低HDLコレステロール血症:40mg/dl未満

条件2【高血圧】
    最高(収縮期)血圧:130mmHg以上
      または、
    最低(拡張期)血圧:85mmHg以上

条件3【空腹時血糖】
    早朝空腹時血糖:110mg/dl以上
 


→メタボリックシンドロームを予防する厳選グッズはこちら