診断基準制定までの経緯



メタボリックシンドローム画像

1999年
WHO(世界保健機構)が、メタボリックシンドロームの診断基準を発表しました。

2001年
世界一の「肥満大国」でもある米国では、この問題に対応するため、2001年にメタボリックシンドロームの診断基準を発表しました。

2005年4月
日本動脈硬化学会、日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本肥満学会、日本循環器学会、日本腎臓病学会、日本血栓止血学会、日本内科学会が合同でメタボリックシンドローム診断基準検討委員会を構成し、「メタボリックシンドロームの定義と診断基準」が共同策定され、公表されました。

メタボリックシンドローム画像

「メタボリックシンドロームの定義と診断基準」の中では、
メタボリックシンドロームは、上流に内臓脂肪蓄積を共通の発症基盤として有するインスリン抵抗性、動脈硬化惹起性リポ蛋白異常、血圧高値を個人に合併する心血管病易発症状態である、とされています。
 
メタボリックシンドロームの診断基準が明確になったことにより、従来は病気の範疇に入らず見過されていた人たちにも、積極的な医療介入が求められるようになりました。
 
 

→メタボリックシンドロームを予防する厳選グッズはこちら