リポ蛋白異常(中性脂肪・コレステロール)



メタボリックシンドロームの脂質異常として高頻度に見られるのが高トリグリセライド血症、低HDLコレステロール血症です。
 
脂肪は水に溶けず、血液の中ではタンパク質の中に包み込まれて「リポタンパク」というものになり、全身に運ばれていきます。
リポタンパクには、LDLなどのいくつかのタイプがありますが、過食や運動不足、その他の理由で、血中脂肪が多くなった状態が高脂血症です。高脂血症は、動脈硬化のとくに重要な危険因子です。 
 

高トリグリセライド血症 中性脂肪値が150mg/dl以上

メタボリックシンドロームの診断基準として、日本動脈硬化学会の定義に従い、高トリグリセライド血症を150mg/dl以上としています。

トリグリセライド値が高くなると、トリグリセライドの分解が遅れ、動脈硬化を進める悪玉のリポ蛋白(中間比重リポ蛋白など)が血液中に残ってきます。この「中間比重リポ蛋白」の出現は中性脂肪値が150mg/dl以上でみられ、この値以上が高トリグリセライド血症です

トリグリセライドが高くなると凝固因子が活性化されて、血栓ができやすいことが知られています。また、できた血栓をとかす線溶能の活性化を阻害する「プラスミノゲンアクチベータインヒビター1」(PAI-1)が上昇して、血栓はなかなか溶けず、血栓症が発症しやすくなります。
 
 

低HDLコレステロール血症 善玉コレステロールが少なくなる40mg/dl未満

メタボリックシンドロームの診断基準として、日本動脈硬化学会の定義に従い、低HDLコレステロール血症を40mg/dl未満としています。

高血圧、肥満、ブドウ糖をエネルギーに変えるインスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性を伴ったりして、糖尿病を合併することがあります。
 
 
 
高トリグリセライド血症、低HDLコレステロール血症ともに複数の成因からなっており、単独の危険因子としての分析のみでなく、メタボリックシンドロームに伴う動脈硬化惹起性リポ蛋白異常としての解析が必要とされています。

→メタボリックシンドロームを予防する厳選グッズはこちら