生活習慣病を自宅でチェック



生活習慣病は自覚症状がなく、いきなり症状に襲われて重い後遺症が残ったり、命を落としてしますことも少なくありません。

生活習慣病には糖尿病、心臓病、高血圧、肥満、高脂血症、脳卒中があり、日本人の60%以上が、これらの生活習慣病にかかっているといわれています。

生活習慣病の原因は食生活、運動不足、飲酒・喫煙、遺伝など様々ですが、気がつかないうちに忍び寄ってきます。

生活習慣病の自覚症状がでて発病するころには重症となっていることが多く、臓器や血管など修復が難しい状態になってることも少なくありません。人工透析や過度の食事制限などの治療で、日常生活に支障をきたすほどの治療が必要な場合もあります。

生活習慣病は何より早期発見、早期治療が重要な病気なのです。

仕事が忙しく、なかなか定期健康診断や人間ドックなどの検査を受けられない方のために、自宅でできる検査キットがあります。全て郵送で検査が完了します。
 
 

 

糖尿病郵送検査(アルバ)

「郵送検診キット」の中の採取器具でとって頂いた検体をポストに投函すると、約1〜2週間後に検査結果が届きます。

検査は、医療機関等が利用する、国の認可を受けた登録衛生検査所で実施され、判定医師・判定医療機関が判定した結果が通知されます。




糖尿病郵送検査キット

 
 
  
 

生活習慣病12項目検査(プロアクト)




生活習慣病12項目の血液検査では、高脂血症の血液検査の他、血糖値、肝機能検査、腎機能や痛風の検査をします。

   検査項目
栄養状態 TP(総タンパク) Alb(アルブミン)
肝機能   GOT GPT γ-GTP
脂質    TG(中性脂肪)
       TC(総コレステロール)
       HDL-C(HDLコレステロール)
糖      Gluc(血糖)
腎機能   BUN(尿素窒素)
       CRNN(クレアチニン)
痛風    UA(尿酸)
 
 
  
 

生活習慣病+糖尿病検査(プロアクト)




生活習慣病12項目の検査に加え、特に糖尿病検査で重視されるHbA1c(グリコヘモグロビン)の検査を追加しました。

   検査項目
栄養状態 TP(総タンパク) Alb(アルブミン)
肝機能   GOT GPT γ-GTP
脂質    TG(中性脂肪)
       TC(総コレステロール)
       HDL-C(HDLコレステロール)
糖      Gluc(血糖) +HbA1c
腎機能   BUN(尿素窒素)
       CRNN(クレアチニン)
痛風    UA(尿酸)


→メタボリックシンドロームを予防する厳選グッズはこちら