厚生労働省の運動指針(1エクササイズとは)



メタボリックシンドロームや生活習慣病を防ぐためには適度な運動が不可欠ですが、適度とはどの程度なのでしょうか?

2006年7月12日に厚生労働省は必要な運動量の目安となる「エクササイズガイド(仮称)」案をまとめました。

ここでは運動量の1単位を「1エクササイズ」と呼んでおり、1週間に23エクササイズを行うことが推奨されています。

1エクササイズとは

※運動の種類によって1エクササイズに該当する運動時間の長さが異なります。

20分で1エクササイズ
 歩行
 床掃除
 洗車
 軽い筋肉トレーニング

15分で1エクササイズ
 自転車
 子供と遊ぶ
 庭仕事
 ゴルフ

10分で1エクササイズ
 階段昇降
 軽いジョギング

7〜8分で1エクササイズ
 ランニング
 水泳
 重い荷物を運ぶ


→メタボリックシンドロームを予防する厳選グッズはこちら